プレスリリース

2013年8月29日



AMoAd、スマートフォン向けクロスプロモーションネットワーク
「AMoAd Games」における登録メディア数4,000突破

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)の連結子会社でスマートフォンアドプラットフォーム運営会社の株式会社AMoAd(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:竹林史貴、以下AMoAd)は、スマートフォンメディア向けクロスプロモーションネットワーク「AMoAd Games」において、参画メディア数が4,000メディアを突破したことをお知らせいたします。(2013年8月29日現在)

昨今、スマートフォンメディアにおける収益化の手法は、バナー広告以外にもアイコン型広告、ウォール広告、スプラッシュ広告、完了広告など多様化しており、それらを上手く活用してマネタイズを促進することが重要視されています。「AMoAd Games」は、ウォール(※1)においてメディア同士の広告枠の交換により無料でプロモーションを行うことができるクロスプロモーション機能を提供するほか、ウォールに表示される有料広告のタップ数に応じて広告収益を受けることができるなど、メディアのマネタイズツールとして広く利用されております。

一般的にバナー広告以外の広告手法は、インストール課金型のものが多いですが、本サービスはクリック課金型で収益を得ることができる点が最大の特徴となっております。このような収益性の高さが参画メディア数拡大の要因となり、メディアへの収益還元率も向上しております。また、本サービスのウォールに表示される広告において、クリックからのインストール率は40%を超えるケースも多く、良質なユーザーを獲得する手法として確立しつつあります。

【 AMoAd Gamesサービス概要 】
本サービスには、ウォール広告とスプラッシュ広告の2種類の広告があります。特徴はそれぞれ下記の通りです。
a

■ウォール広告
 ・メディア同士の広告枠の交換により、無料で自社サービスのプロモーションが可能
 ・広告出稿主の有料広告がクリックされた回数に応じて広告収益を受けられる
 ・各メディアに合ったデザインのボタン等でウォールに誘導できる
 ・SDKとJavaScriptタグ(※2)の両方で導入が可能(※3)
■スプラッシュ広告
 ・広告がクリックされた回数に応じて広告収益を受けられる
 ・一部自社広告配信が可能
 ・広告を表示させるタイミングや頻度を自由に変えられる
 ・SDKとJavaScriptタグの両方で導入が可能

AMoAdは、本商品において、2013年内に5,000メディア以上の参画を見込んでおります。今後もAMoAdは、国内最大級のスマートフォンアドプラットフォームとして、メディアの収益化支援を一層強化するとともに、スマートフォン広告市場の発展を目的とし、スマートフォン広告事業の更なる拡大に努めてまいります。

※1 ウォールとは、アプリ広告一覧ページのこと。一部、有料広告にすることでメディアへの収益還元を実現いたします。
※2 JavaScriptタグとは、ウェブブラウザのソース内に埋め込むタグのこと。
※3 「AMoAd Games」はAMoAdアカウントをお持ちの場合でも、別途「AMoAd Games」のアカウント開設のお申込みが必要となります。下記URLよりアカウントの開設が可能です。
https://www.applipromotion.com/developer/signup/

会社概要

社名 株式会社AMoAd
所在地 東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ23階
設立 2011年4月28日
代表者 代表取締役社長 竹林史貴
事業内容 スマートフォン向けアドプラットフォーム事業


本リリースに関するお問い合わせ

株式会社AMoAd

広報担当 amoad_pr@amoad.com
お問合せ先URL http://www.amoad.com/contact/


ソーシャルネットワークアカウント

AMoAd facebookページ https://www.facebook.com/AMoAd.Inc
AMoAd twitterアカウント @AMoAd_PR