AMoAd、インタラクティブ広告「3D AD」を提供開始~VRや3DCG技術をサービス展開するVRize社と業務提携~

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクスタジオは、スマートフォンアドプラットフォーム AMoAd(提供:株式会社AMoAd)において、VR/AR含めたあらゆるデバイスに対して3DCG関連の事業開発を行う株式会社VRize(読み:ブイアライズ、所在地:東京都港区、代表取締役:正田英之、以下VRize)と業務提携し、「3D AD」の提供を開始いたしました。

「3D AD」は、タップやスクロール、ジャイロ等の操作に合わせて広告上でキャラクターがアクションを起こすことで、ユーザーの興味を引くようなインタラクティブな体験とリッチな表現ができる広告です。

この度VRizeと連携したことで、AMoAdが保有しているメディア上にて「3D AD」の配信が可能になりました。「3D AD」の配信により、ユーザーの広告接触時におけるサービスへの興味・関心をより一層引き上げ、従来のサービスページへ誘導だけでなく、広告を通じてユーザーとサービスのエンゲージメントを上げていくことを目指しております。

■「3D AD」イメージ動画

「3D AD」イメージ動画

AMoAdは今後も、クリエイティブフォーマットやクリエイティブ技術の開発・研究を強化することで、静止画や動画だけではなく、インタラクティブ型広告ネットワークとしても、プロモーションにご活用いただける商品展開を図ってまいります。