AMoAdインフィード広告、集英社のスマートフォンアプリ「少年ジャンプ+」と提携

~マンガ読了後に親和性の高い広告を全画面表示し、ユーザーの興味喚起を最大化~

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、国内最大規模のインフィードアドネットワーク「AMoAdインフィード広告」(提供:株式会社AMoAd)において、株式会社集英社(本社:東京都千代田、以下集英社)が提供するスマートフォンアプリ「少年ジャンプ+ (ショウネンジャンププラス)」と提携いたしました。

インフィード広告市場は、スマートフォン広告向けの新しい広告フォーマットとしてWebプロモーション、アプリプロモーション双方の需要を大きく取り込みながら、急速に需要拡大しています。2015年の国内インフィード広告市場は、対前年比2倍の768億円に成長し、2020年には2015年比300%超の2,478億円に到達すると予測しております(※1)。

「AMoAdインフィード広告」は、閲覧者がより深い理解や関心を示すようなコンテンツ性の高い広告を、AMoAdが保有する優良メディアに配信する国内最大規模のインフィードアドネットワークです。データフィードを利用したダイナミッククリエイティブや広告IDを利用したリターゲティングなど、AMoAd独自の配信機能を活用することで、更なる広告効果の向上を図ります。

一方、「少年ジャンプ+」は、集英社が提供するスマートフォンアプリです。「週刊少年ジャンプ」本誌の発売日と同日にデジタル版「週刊少年ジャンプ」を有料にて配信するとともに、次代を担う新人作家のオリジナル連載マンガを毎日5作品前後更新しており、この25作以上のオリジナル連載漫画は無料で読むことができます。

このたびの「AMoAdインフィード広告」と「少年ジャンプ+」の提携により、「AMoAdインフィード広告」に出稿している企業は、新たに「少年ジャンプ+」へ広告配信することが可能となります。マンガ読了後に、親和性の高い広告を全画面表示にて届けることで、ユーザーの興味・関心を喚起させ、広告効果の最大化に貢献いたします。

AMoAdでは、これまで集英社が提供する「NARUTO-ナルト- 無料マンガ連載&アニメ放送公式アプリ」や株式会社ディー・エヌ・エーが提供する「マンガボックス」、株式会社Amaziaが提供する「マンガBANG!」など有名マンガ系アプリと提携しているほか、キュレーションメディアやゲーム攻略サイトなど2,300を超える配信メディアと提携しております。

AMoAdは、今後も、広告マッチング精度の向上や新たな表現パターンの開発など付加価値の高いインフィード広告を目指し、さらなるサービス開発に努めてまいります。

※1 当社 「インフィード広告市場調査」 (2016 年 2月10日)https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/press/detail/id=11607

​■AMoAdインフィード広告 遷移図